これからの研究会の提案

1)これからの「チップ研究会」の進め方  山本太一朗 「チップ研究会」の次回以降の開催方法についてのご相談です。 (仮に「年3回実施」という仮定をするとして) ◎ 栽培期は誰もがそれぞれの栽培サイクルで忙しいので、 予め「時期と予定日は決めておく」方法がよいだろう 第1回: 農作業的には時間的に余裕のある「1~2月」 例えば、2月の第1週の日曜日 ※圃場の作物を見るには好適とは言えないが、資材や土壌について 実践的に情報交換するとよい。誰しも年中で最も時間を確保し易い時期。 第2回:春時期とするなら「5月連休前後」 例えば、GW明けの週末(日曜日) ※田植えの準備については、人によりかなり前後があり、また忙しいことには 違いない。参加意思のある人が、集まる機 […]

チップ研究会の概要

2月かわら版 「チップ研究会」が神奈川で、2月13日に開かれました。 0)たんじゅん農法の広場」に「チップ研究会」の速報を載せました。 1)研究会の内容の概要 2)針葉樹チップと広葉樹チップの違い  稲垣正貴 1)研究会の内容の概要 チップに種類がある。 ◎ 針葉樹系と広葉樹系 ◎ 太い幹のチップと、細い葉や枝の多いもののチップ ◎ チップにしてすぐと、チップにして長期間放置したもの ◎ チップ主体と、チップに草をまぜたもの。 そのどれかを、よく観察する。 一般的に言って、前者は発酵しにくく、後者は発酵しやすい。 微生物が忌避する成分を含んでいるのは、針葉樹系。 それが含まれたチップを使うと、発芽が抑制されたり、苗の根の伸びがわるい。 針葉樹、あるいは、太い […]

農薬の現状

有名なスミチオンより、10倍以上も安全な、塩よりも、安全な農薬の被害が日本で広がっている。という情報の転載です。 腐敗した野菜、米、お茶、果物を生産している限り、仕方のないことです。 根本的な解決は、虫の付かない、野菜作りしか、ないですね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ネオニコチノイド系殺虫剤農薬について NO3情報 2010.12.25 去る12月11日に有機農業関東大会において、群馬県の内科小児科医師の青山美子先生の「ネオニコチノイド系農薬の危険な実態」という講演がありました。 この農薬については、すでにミツバチの大量死の問題の原因ではなかろうかという報道がありましたが、もっと、身近に害が出 […]

たんじゅん かわら版は メルマガで配信

たんじゅん かわら版 は、今後、「メルマガ」で配信することにします。 かわら版を、引き続き読みたい方は、 「メルマガ」に登録いただき、読んでいただきます(無料)。 メルマガの「たんじゅん農法 かわら版」のサイトは、下記を入れて検索すれば見れます。 http://www.melma.com/backnumber_188333/ メルマガに登録すれば、随時、配信されるたびに、登録された方に、届きます。 (登録方法は、メルマガに入会(無料)してから登録してください) 2010-11