事例;2009/10 成長、正調の秋

みんな ありがとうございます 野菜たちに、畑に入ると、声をかける。「おはよう、元気か?」 ところが、それが、最近変わってきた。 「元気だねー、ありがとうございます」と。 それも、野菜たちだけでなく、みんなに声をかけている。 無数の微生物たちにも、そして、もろもろにも。 野菜は、ほんとに元気だ。艶々している。勢いがある。 ただ、菌床やチップ、剪定枝を畑において、ほかに、何もしないのに、申し訳ないぐらい。 野菜の出来もきれいだが、草を取らないのに、畑に草がない。 去年までと比べれると、天国。天国農法! ネギが 白菜が ダイコンが 通りがかりの方が、声をかけてくる。 「今年は、宗旨替えをしたんかね。虫はついとらんし、ようできとる」 「そうですね。上出来ですね。去年 […]

事例;2009/9放置田がよみがえるか

・3年放置を頼まれる 5月に、お世話になっている近所の方から、田んぼが2反、3年使ってないので、使ってくれないか、と声をかけられた。 すでに、今年は、3キロ離れた田に0.7反植えたところだし、2反とは広すぎるなとして、一旦断ったが、家から1キロの地元のことだし、半分稲を植えて、半分何かにしようかと、引き受けることにした。今年植えた田は、2年目だが、やめることにしよう。 この秋から、「たんじゅん農法」で、一からスタートだ。 2反というと、確かに広い。草だらけだったところをざっと刈ってはあるが、根っこは残っていて、また生えてきている。 借りた土地の上と下は、田植えが終わったところ。 こんなところを、畑や田にしていくのは、この10年、そればかりやってきたから、いや […]