報告;2012/6/20 長野・阿智 交流会

6月20日 長野阿智交流会 小塚農園の写真 前田園の写真 総勢20名前後くらいの参加がありました。 10時から阿智村公民館で12時45分まで林さんのお話。今回は珍しく先に話を聞いてから畑を見るというスケジュールになりました。 初めての方が多かったので、先ず基本的な話を聞いてから畑を見ることに意味があるのだという事で、幼稚園レベル、小学校レベルの話と少しずつレベルアップした話になっていきました。幼稚園レベルとは、例えば「秋」と一言言えば昔の日本人ならすぐに通じたことが、今の日本人には言葉が欧米と同じように記号化してしまっていて、通じなくなってしまっていることに気がついて、そこから説明する必要に迫られたことです。 「秋」のものを入れなさいと言っても、その「秋」と […]

報告;2012/6/16 山形・宮城交流会

山形・上山 堀野さんの畑と田んぼ 山形県上山市は果樹栽培(主にさくらんぼやぶどう)が非常に盛んで、農業をやるならさくらんぼをやって当然といった土地柄との事です。そんな中、今年から?たんじゅん農法で畑と田んぼを始めた堀野さんの圃場を見学させて頂きました。最初に行った畑はユンボで50cmほどの溝を切り超高畝(林さんは高畝よりもっと高いということで、土手畝と呼んでいました。)にしていました。そしてその深い溝の中は、微生物のエサとなる果樹の剪定枝や鉋屑、古畳をばらしたものなどで埋めている状態です。広さは1反弱?位の感じでしたが、溝も深いのでその溝を埋める資材を集めて埋めていくのが大変だとのこと。また畝はトラクターのロータリーの幅くらいにしているとのことですが、両脇が […]

感想;2012/6/17 新潟・長岡交流会

朝起きるとかなりの雨。今日参加の皆さんは行いのよい方のようで、畑での開催時間に合わせて雨は止みました。 参加人数10名その内2人の方は埼玉県と群馬県からの参加。他の地域から見ると少ない人数ですが昨年は僅か3名。改めてたんじゅん農法の輪が広がっているのを実感しました 私の畑見学後、交流会会場に移動 今年も林さんの独演会と思いきや参加者からもいろいろな質問が出て気が付くと時間になっていました。 いろいろな話が出て私の頭も消化不良気味ですが、林さんが特に強調されたのは 畑の中に空気を入れる その為に高畝、畝間の溝堀(硬盤層対策で出来たら深さ80cm) そして黒マルチ↓ http://tanjunnou.blog65.fc2.com/blog-entry-374.h […]