不戦の誓いとO(オー)157

8月16日の朝、ある方から電話をもらった。 『今朝、新聞を見ると、「4歳の子が下痢で亡くなった。その子が食べた白菜から、0(オー)157菌が検出された。白菜の消毒が足らないことが原因。保健所は、野菜を次亜塩素酸ソーダで殺菌して、食べるように、指導している」とある。そのことを、どう考えたらいいだろうか』と。 前日には、終戦記念式典で、首相は、「不戦の誓い」を新たにすると、言っている。 日本では、8月になると、それが唱えられる。 日本人の多くは、少なくとも、それを理想にしている方も多い。 しかし、政府だけでなく、ほとんどの国民が、「不戦の誓い」を農や食にはしていない。 じつは、O157菌の消毒のために、農産物を殺菌することは、一つの戦争ではないかと考える。 戦争 […]