2015年前半の学び 

今年、2015年の前半が、早くも、終わりそうなので、急いで、前半の学ばせてもらったことをまとめてみたい。 ただし、すべて、人間の仮説。実践で、自然基準から観るとどうか、確かめてください。南の島、沖縄、沖永良部、奄美をめぐり、そして、北陸4県を回らせてもらい、その間にも、あちこちの農場を見せてもらったことを、まとめてみると。1)炭素資材、投入しても食べることができて、初めてエサになる 各地、特に、暖かいところで、問題になっているのが、チップを入れているが、一向に作物が育たない。3年間、投入し続けているが、段々生育が悪くなっている。むしろ、1年目の方が、マシとか、微生物資材として、チップはエサに適さないのではないか、という疑問が出ている。なるほど、畑を見てみると […]