Ⅰ <たんじゅん>農とは

1)自然が命を活かす仕組み

<たんじゅん>農とは、自然が命を生かす仕組み・働きを、農に応用したもの。
人間が、人間基準で、自分の都合で欲望のままに、食べ物を用意するのではなく、自然基準に立ち、自然の法則に沿って、作物が育つ環境を用意すれば、本来の食べ物が用意される。そういう農を、<たんじゅん>農といっています。

自然が命を活かす仕組み続き→

2)なぜ、そんな農をわざわざ?

今までの農法に疑問を持ったり、飽き足らない方のために、用意された、一つの提案、仮説です。
一般的な「チッ素、リン酸、カリ」の肥料農法や有機農法とも、自然農法とも、異なる、自然の命を活かす仕組みと働きを応用して、命・エネルギーに満ちた、おいしい作物を、誰でも、どこでも、楽しく、100年後も、栽培できることを、めざすものです。

なぜ、そんな農をわざわざ続き→

3)自然の法則に沿った農の特徴

自然の法則に沿う、<自然基準>のたんじゅん農は、<人間基準>の現在の農業と、真逆になることが多い。
また、普通の「自然農」とは、似て非なるもの。たんじゅん農では、自然の法則に沿うことなら、自然に手を加え、機械も、加工品も使う、なんでもありの農。「不自然」に見えても、「反自然」でない農です。

自然の法則に沿った農の特徴続き→

4)作物は、<作る>のでなく、<できる>

農家は、畑の作物を自分が<作って>いる、育てていると思っています。しかし、自然の命を活かす仕組みから観ると、それに沿えば、作物は<できる>、育っている。その自然の仕組みは、「エネルギーを吸引すれば、作物はそだつ。それを放出すると、作物は病気になる」という、たった一つの法則に沿っています。

作物は、<作る>のでなく、<できる>続き→

Ⅱ  四方良しの農が当たり前

農家と、お店と、食べる人がいるだけでは、当たり前の食べ物は保証されない。忘れがちなのは、地球。
自然の仕組みと働きが基盤になれば、当たり前の食が用意される、四方良しの社会が、永続できる。
農業が、消費者や商店の都合や値段に縛られた、物作り下請け業という関係を逆転させて、自然を基盤に、エネルギー・命に満ちた自然の恵みを、生活者に求められて届ける、本来の命産業に還る。

四方良しの農が当たり前続き→

Ⅲ このHPの目的と仕組み

このHPは、農薬も特別な肥料も使わず、健康でおいしい作物が育つ「炭素循環の農の法」(愛称 たんじゅん農)で100年後も楽しい農をめざす、理論と実験・実顕を集めた、生きた図書館です。
その内容は、 はじめに 、交流会の情報 に続いて、Ⅰ 基礎・蔵・原理・原点、Ⅱ 農場準備 環境整備、Ⅲ 実践 結果と成果、Ⅳ 未来へ継承、展望、の4色のパートに分かれて、さらに、各々が、小さく4色のパートに分かれて、たんじゅん農を紹介しています。

このHPの目的と仕組み続き→

Ⅳ 案内 HPを読む方へ

「炭素循環農法」は人間の側からの農法ではなく、自然の側からの農法です。 「炭素循環農法」について、その講座が、ホームページ にあります。詳しく、幅広く、いろいろな角度から出来ているホームページです。 実践の前に、中に、後に、繰り返し、読み込んでいくことで、自然の原理がわかり、自由自在な、その場、その時に合った実践と検証が可能になるでしょう。
「たんじゅん農」とは、「炭素循環農法」の略称、愛称で、「炭循」「単純」から来たものです。
その実践・検証の動きが全国的にでています。その流れの手助けとして、その実践のための、身近な図書館が、このホームページです。
このhpは 日々変わります。生きています。 生き物として育ててください

案内 HPを読む方へ続き→