これからの研究会の提案

1)これからの「チップ研究会」の進め方  山本太一朗 「チップ研究会」の次回以降の開催方法についてのご相談です。 (仮に「年3回実施」という仮定をするとして) ◎ 栽培期は誰もがそれぞれの栽培サイクルで忙しいので、 予め「時期と予定日は決めておく」方法がよいだろう 第1回: 農作業的には時間的に余裕のある「1~2月」 例えば、2月の第1週の日曜日 ※圃場の作物を見るには好適とは言えないが、資材や土壌について 実践的に情報交換するとよい。誰しも年中で最も時間を確保し易い時期。 第2回:春時期とするなら「5月連休前後」 例えば、GW明けの週末(日曜日) ※田植えの準備については、人によりかなり前後があり、また忙しいことには 違いない。参加意思のある人が、集まる機 […]

チップ研究会の概要

2月かわら版 「チップ研究会」が神奈川で、2月13日に開かれました。 0)たんじゅん農法の広場」に「チップ研究会」の速報を載せました。 1)研究会の内容の概要 2)針葉樹チップと広葉樹チップの違い  稲垣正貴 1)研究会の内容の概要 チップに種類がある。 ◎ 針葉樹系と広葉樹系 ◎ 太い幹のチップと、細い葉や枝の多いもののチップ ◎ チップにしてすぐと、チップにして長期間放置したもの ◎ チップ主体と、チップに草をまぜたもの。 そのどれかを、よく観察する。 一般的に言って、前者は発酵しにくく、後者は発酵しやすい。 微生物が忌避する成分を含んでいるのは、針葉樹系。 それが含まれたチップを使うと、発芽が抑制されたり、苗の根の伸びがわるい。 針葉樹、あるいは、太い […]

食べ「させ」すぎにご用心

愛知の稲垣正貴さんが、11月21日、突然現れて、畑を見たあと、久しぶりに、ゆっくり話ができた。正貴さんは、この一年、畑にこもって、土・野菜と対話してきた。まさに、自然を先生にして、いろいろ学んだ成果を話してくれた。 その際、近所の慣行農法の農家の栽培や、正貴さんの奥さんの「一言」が、大変刺激になったそうだ。 その稲垣さんの話を、まとめると、 ******************************************************************************* 1) 炭素循環農法を、炭素投入農法と、勘違いしていないか。 「炭素資材が足らない、エサ不足」だと聞いて、どんどん炭素資材を入れる。しかし、その資材が、微生物のエサ […]

ついでに、頭にも風穴を

おおつきけいじ <ks00141@gmail.com>さんよりのメール: ************************************************************************* なかむらさん、ご連絡ありがとうございます。 なんと、風穴を開ける!!!! 実は、暖めていた構想がそれで、ハウスの中を穴だらけにしようかと思っていました。 (宅地のハウスの為に、ダンプで展圧した山砂の硬盤層があります) それを壊すために、先日に17Cmの穴が掘れるドリルつきのエンジンオーガを購入した所です。 (ただ、長さは80Cmくらいですので、1m~2mは長いドリルを作る必要がありますね。) >一人よりは数人集まっての智恵 […]

予告;2011/10/4 飯島秀行氏との対談

「光と空の科学」の対談  10月4日      申し込みは定員を超えたので締め切りました。 飯島さんは、「空」(あちら)と「色」(現象界)の融合した科学の研究実践家 「空」の世界のエネルギーと素材を、物質に圧をかけることで、モノに取り込めることを、実践的に進めている方。水や土壌の浄化、フリーエネルギーなど。 飯島さんの「空」の科学と、林さんの「心は光」の科学と、どう融合するのか、楽しみです。 場所 テネモス研究所 時間 13時30分~17時 参加希望の方は、必ず申し込みください 定員 10名 申し込み先  しろ tanjun5s@gmail.com

私たちが新しい未来を創る【ご意見&アイデア募集】

mixi「炭素循環農法」に、以下のトピックを立てました。(神奈川 山本 太一朗) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 私たちが新しい未来を創る【ご意見&アイデア募集】 ・今日から、皆さんと新たな交流を始めます。東日本大震災と福島原発事故の影響は、今後の趨勢も含めて計り知れません。 しかし、先行きが観えないからと言って、立ち止まっている訳にも行きません。「実況中継より、復興に向けた行動へ」私自身もここ数日、強くそう思うようになりました。 ・無論、被災地の復興支援は急務ですが、この大災害がもたらす”全国的な試練と転換”はむしろこれから表面化します。 直接の被害を免れた地域や産業も含めて、「従来当たり前だった社会システム全体 […]

放射能汚染についての対応法

[mixi] 健全な玄米食のすすめ (おおつき けいじ)より転載 (2011.3.20) ************************************************************************** 宮城県角田市に住んでいます。 こんどの地震の時には、ハウスでネギとかぼちゃの種を直播していました。 土に入れておくと時期が来れば芽が出てきます。 被災地ですので、やっとインターネット環境が回復して、周りの状況が分ってきました。 お伝えしたいことは、対応についてです。 かつて、原爆投下のときに、”塩(しお=当時は塩田)”を摂り、原爆症から逃れた方たちがいます。 放射能汚染には、「玄米食」と「塩(天然塩)」がキーワードと捉えて […]

研究会の中村案に賛成

研究会の開催について、愛知の稲垣正貴さん、そして、その意見について、神奈川の山本太一朗さんから、つぎのようなメールをいただきました。 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 愛知県の稲垣正貴です。 この度の中村さんの研究会開催案、城さんの「広場」などで拝見いたしました。 僕も中村さんの案に賛成です。 こういったものは「まず形ありき」よりも自然発生的にわき上がってくるものに合わせ、そしてそれをフォローしていくような形が、自由な発想も生まれて面白いように思います。 つまり、「是非うちでもやりたい」という方の声を大切にし、まずは […]

その時、その場で 研究会 いずれは・・・

神奈川・二宮の中村 隆一さんから、研究会のご意見をいただきました。2月の「チップ研究会」の言いだしっぺです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 研究会についてですが、、やりたいという方がいる地域でその時その時に開くのが基本ではないでしょうか。 今現在無理に全国色々な地域でというのは、難しいような気がします。 もちろん私の所で主催したいという方が、すでにいるのなら話は別です。 今の様子でしたら、多分山本さんはこの近隣の地域(関東・東海)で年3回という事を進めてくれると思います。もちろんその時は私も協力するつもりです。 いずれ私の所で次はやりますというような状況が生まれてきたら、その時に始めて変えるという事でよろしいのでは […]

あちこちで研究交流会を

千葉の齊藤 泰道さんから、つぎのような感想と意見をいただきました。 ****************************************************************************** 私は今回のチップ研究会にはたんじゅん農法の実践者の皆さんにお会いしたくて参加しました。 自然が先生であり、自分の畑から答えをもらうのが本筋だと思っていました。 しかし、中村さんや21世紀の農学校の圃場を見学して得る物が沢山ありました。 まず、林さんがおっしゃる、「農法であって農法でない」という事を再認識した事。 その場で手に入る物を利用し、その場にあった方法で微生物のお世話をする。 だから中村さんの使用しているチップも21世紀の農学校で […]