たんじゅんHOME 設立準備室  の動きについての投稿
———————————————————-
「グループを作って、誰かをたんじゅんじゃ無いからと言って
排除するのはおかしい」
ここで行われようとしていることが、それに該当しないのかどうか、
まだ答が出ないのです。そこが私を躊躇させる点です。
・・・・さんを先生にしないために、
性急に「わかった」ことにしないでおこうと思っています。
———————————————————-

とても重要な指摘です。

そこで、そうならない仕組みを提案。

たんじゅんHOME 設立準備室 なんて名に、
先生と、誤解させるモノが、
潜んでいるのではないか。

この名だと、それに入らないと、
たんじゅん農の世界に入れてもらえない、
その世界に近寄れない。そんな感じ。

もっと単純に、その会の名を、目的をはっきり掲げて、
たんじゅん農の虎の穴研究会とか、
たんじゅん農の青研究グループ、
なんていうすれば、入り易くなり、
入りたくなり方も、その活躍を応援でき
そのうち、入りたくなるかも・・・・。

宇宙の法則は、
緑と、黄、赤、青で、ワンセット。
たんじゅん農の世界も、4光で、ワンセット。

そのなかで、
とことん、究める「青」研究会は、しっかり、純粋に、青らしく。アホらしく(^-^)

でも、赤は、赤で、黄は黄で。

そして、緑は、大いに、新人、非たんじゅん
ましておや、非たんじゅん、誤解たんじゅん、なお、よし。
すべて、ヨシが、緑。

それぞれが、4つの研究会の花を咲かせて、
たんじゅんの会を盛り上げよう。

4光でワンセット。
たんじゅん、明快、矛盾なし。

以下、追記(9.4)

たんじゅん農を楽しむ4つのグループ

青のグループ  真理(自然基準)を問い、それに基づいた最高のモノをめざすことを、楽しむ
・・・・人間脳を究める
黄のグループ  頭ではなく、直観で、カラダで、自然の法に沿ったモノを、畑に表すことを楽しむ
・・・・直観を究める
赤のグループ  自然の法でもたらされる産物を味わう喜びを、自分だけでなく、他にも広げることを楽しむ
・・・・共の喜びを究める
緑のグループ  すべてが生き生きと調和した世界は見えないエネルギーが基準との考え方で生活・仕事を楽しむ
・・・・和の味わいを究める

ただし、緑 → 黄 → 赤 → 青 → 緑 ・・・・  無限に回る

すべて、仮説。

井中 門