「何のために仕事をするのか?」

 

忙しすぎると考える余地もない、でもとても大切な問い。

報酬や出世などが、仕事の動機として弱くなってきている。

そんな時代には、新たな動機が必要です。

 

そのヒントになるのが、自分がどんな事にワクワクするのか?

過去の経験と照らし合わせ、その時の感情に向き合うことで、

自分の姿が、おぼろげながら見えてくる。

 

と、同時に、いま、仕事、家事でも、農業でも、している方は、

「なんのために、仕事をしているのか」を考えてみては、どうか。

そして、自分のワクワクする経験と、その仕事との関係が、在るか、どうか、調べてみる。

 

「食うために仕事をしている」、いや、「生きていくために、仕事している」など。

 仕事の目的は、いろいろ。

 

「何のために仕事をするのか?」

それは、どの仕事が、正しくて、どれが間違っているというものじゃない。

それぞれの価値観の問題だから、すべて◯。

 

では、質問。「いま、やっている仕事、やめても、生きていけますか」

 

ただ、<食べられていれば、いい>。<生きていれば、いい>という人は少ない。

物があふれ、情報が溢れている時代。

人々が、老いも、若きも、女も、男も、心の豊かさを求めてきている。

 

心が「幸せ」に生きてあることが、だれしもの願い。

 

「幸せに生きるために、仕事をする」、 「生きるために、幸せに仕事をする」

 

そんな仕事・働き方ができたら・・・。

これは、男女を問わず、老若を問わず、時代、世代を超えて、みんなの願いではなかろうか。

 

『それには、何が、大事だろうかと、たまには、時間と、心を、かけて、本気で考えてみる。

・・・・・・ 自分たちだけの為だけではなく、世の子どもたちのためにも。

 

  今、ここから、簡単に、やれる、単純、明快、矛盾なしのことが、あるのではなかろうか。

    ・・・・バカバカしいと、政治やテレビを批判する暇があったら。

 

                               井 中   門     (2018.4.1)